Planck ハードウェアシリーズ(USBコネクタ)

Posted by TAKAIY On 2017年10月11日水曜日 0 コメント
プランクを手に入れて自分自身を慣らすために職場でも使っていまして、いろいろ書くことも溜ってはいるのですが、ハード的な問題点とその解決策について書きます。

ケーブルがつっかえる

Planckのケーブルは、奥に垂直に挿さるようになっています。なので、真っ直ぐなケーブルだと奥行方向に場所を取ります。


特に、Surfaceと一緒に使う時にかなり邪魔になります。
直角に挿さるようなケーブルを使えばよいのですが、ケーブルを自作する場合、90度に曲ったコネクタは手に入りません。
せっかく作った自作ケーブルを使うには、、「USB-B オス <-> USB-B メス」で直角に曲っているアダプタが必要です。

そんなものは無いかなぁと探してみると、良いものをみつけました。

直角に曲ったアダプタ発見

以前から中国の通販サイトのaliexpressが気になっていて、でも、値の張るものは初めてだとちょっと怖くて手を出してませんでしたが、ちょうどよさそうなので、探してみました。
キーワードとしては、USB, angle あたりで入れてみると沢山ヒットします。

今回手に入れたいのは、「USB-B オス <-> USB-B メス」で直角に曲っているアダプタです。

結局ここで売ってやつにしました。 これです

さて、注文してちょっとドキドキしながら待っていると、発送連絡のあった2日後くらいに問題なく届きました。

届いたもの

プチプチの付いた封筒で届いたのがこれです。


ケーブルって書いてありますが、アダプタです。 右向きと左向きの2個セットです。
これで、送料込みでだいたい500円です。たぶん、日本で買うより安い。

使ってみた

ケースとの干渉も心配していましたが、そのようなことも無く、問題無く使えました。



これで、つっかえる心配もなく快適になりました。

亡くしそう

さて、使ってみると、 これ使いやすい向きっていうのが、シチュエーションによって違いそうです。ということは、両方持ち運ぶことになるのですが、どうやって亡くさずに持ち運ぶかっていうのが問題です。
穴を開けて、連結して、ケーブルに付けておくことができるようにするかな。

ちなみに、Ergodoxのアクリルケースにもかろうじて付けることができました。


Ergodoxはこれだけでなく、連結用のケーブルもあるので、そちらの対策も考えないとあまり意味はありませんが。


こんな感じです。




0 コメント:

コメントを投稿