Planck ソフトウェアシリーズ(キーマッピング1)

Posted by TAKAIY On 2017年7月1日土曜日 0 コメント
突然ですが、Planckの話です。

そろそろ届くんで、キーマップ考えてます。
作っているのは、キーボードのマッピングの画像をいろいろ作れるサイト。
http://www.keyboard-layout-editor.com/
物理的な配列も作れるし、ほとんどすべてのキーボードのデータが作れそうなすごいサイト

配列の中身の方はちょっと迷走ぎみ。 足りないキーとかある。
どうしよう。


どんなキーが足りないんだかすらよくわからん。

(7/5 : ちょっと変更)
だいたい入ったかな?


Planckの話は届いてからね。


READ MORE

Ergodox ハードウェアシリーズ (ケーブル1)

Posted by TAKAIY On 2017年6月25日日曜日 0 コメント
久し振りの投稿です。
ちょっと、余裕ができたってのと、Massdropで注文したPlanckがそろそろ届くってことで、ひさしぶりに投稿してみることにしました。

さて、本題です。

Ergodoxには、ケーブルが2本必要です。 1本は、脱着式になっているUSBケーブルと、右と左をつなぐ3.5mmの4極ジャックです。

先日この2本を自作したって話です。


キーボードケーブル?

キーボードの自作ってやっぱり海外の方が進んでいるわけですけど、Massdropによくキーボード接続用のオシャレなUSBケーブルが出ています。

https://www.massdrop.com/buy/keycap-themed-braided-nylon-usb-cable

Webで「custom usb cable」で検索すると、これまたいろいろなカスタムなケーブルの画像がヒットします。
なかなかいい。欲しい。

https://geekhack.org/index.php?topic=44924.0

探せばいろいろなところで売ってますので、そんなのを買ってもいいんですが、日本で売っているところは見あたらないので、海外通販あるあるな、送料の方が高いじゃないか問題に直面してしまうのでなかなか手が出ない。さらに、売っているのを見ても、仕上げが熱収縮チューブになっていたり、手作り感満載のものがほとんどなので、そろまでしてってなってしまう。
ということで、自作へ進むわけです。 調べると自作する方法もちらほら出ていたりするし。

パラコード?

ポイントは、先の写真に写っている、カラフルなコードです。
そもそもこんなカラフルな電線ケーブルなど売ってたりはしません。

そこで登場するのがパラコード。 いや、偉そうに言ってますが、僕も今回調べていて初めて知ったんですけどね。 もともとはパラシュート用の紐(コード)だから、パラシュートコードでパラコード。命をぶらさげるものなので、丈夫にできているんですが、パイプの中にナイロンのコードが沢山通っているという構造をしています。強度の部分はこの中身が持っているので本来の機能はそっちにあるのでしょうが、パイプになっているところがポイント。 そして、いろいろなアクセサリの材料になったりすることで、いろいろな柄のものが作られるようになっているようです。

そして、USBのケーブルを作っている人がこの、パイプの部分に目を付けたってことです。

自作するには材料集め

材料集めです。

コネクター部分(USB)

これが一番見つからなかった。秋月とかに売ってない。
いろいろ探し回って、やっとみつけたのがここ。


試験販売・少量入荷とあるので、いつまで入手可能かわかりませんが。

コネクター部分(3.5mmジャック)

Ergodoxの左右をつなぐケーブルは、TRRSという4極の3.5mmケー ルです。 普通のパーツ屋にあるんですが、黒いプラスチックのださい感じのやつ。 

せっかく自作するんだからもうちょっと見た目のよいものをってことで探していると、オヤイデさんにあるではないですか。


使ったのは上の方です。下のがかっこいいんですが、高すぎ。

ケーブル

USBケーブル用には、3.5mmのジャックを買ったときに一緒に4芯のシールド線を購入。 作っていて思ったのですが、シールド部分をアースにすればいいので、3芯シールドでもよかった。 
3.5mm用のケーブルは、4芯シールドだと太すぎるのですが、手元にあった4芯のリッツ線がちょうどよかった。 昔ヘンドフォンを修理するために買ったのだと思うのですが、入手先は忘れてしまった。

熱収縮チューブ

コネクターを手に入れてからそれを持って、入るものということで、10mm径のスミチューブを入手。

パラコード

ネットでいろいろな柄のものが手に入るし、1mから選べたりするするので好きな色柄のやつを入手しましょう。
僕は、ヤフオクで端切れの詰め合わせを売っていたのでそれを入手。 なかなかよい柄が入っていたのでラッキーでした。


作りかた

こんなのを見ていただければいいのです。

ポイントは、パラコードをケーブルと同じ長さに切断して、中身のナイロンコードを全部出してしまい、そのチューブにケーブルを差し込んで使うってことです。

コネクターとケーブルを接続するための情報はこれがわかりやすいかも。

あたりまえですが、ちゃんと半田付けできていなければ使いものになりませんし、ショートしたり結線を間違えれば、最悪接続した機器=PCを壊すことになります。
テスターなどを使って入念にしあがりを確認してから使ってください。

できあがり

肝心の作りかたのところが無いじゃないかという感じですが、できあがりです。
なかなかいいでしょ?












READ MORE