Euler: Problem 101

Posted by TAKAIY On 2015年6月21日日曜日 0 コメント
久し振りにProject Eulerを解きました。

un = 1 − n + n2 − n3 + n4 − n5 + n6 − n7 + n8 − n9 + n10

nが自然数のときのこの方程式で数列がはじめから幾つか与えられたときに得られる母関数では、次のnでは間違った値(BOP)が出ますが、与える数列を増やしていったときに得られるすべてのBOPの和を求める問題です。

そういえば、こういうのって、補間法かなんか使えば出るんじゃなかったっけ…と思って解いたら解けました。


READ MORE

cider 0.9.0 がでましたね。 ->

Posted by TAKAIY On 0 コメント
twitterでciderの 0.9.0 が出たという情報が流れてきました。
 ->> もう、 0.9.1 になってます。 (6/27 追記)

マイナーバージョンが1上ったということで、いくつか新しい機能が追加されています。

メンテナのBastovさんがブログで、いくつかの重要な変更について書いています。

アップデート

ciderを入れ替えるお決まりの作業は以下の2つ。
  • emacs lisp のパッケージをアップデートする。
    僕は、melpa_stableのを入れてます。
  • $HOME/.lein/profiles.clj の cider/cider-nrepl のバージョンを変更する。
ですが、今回は、起動時に、
WARNING: CIDER requires nREPL 0.2.7 (or newer) to work properly
と怒られてしまいます。 これは、 leiningen 2.5.0 (2.5.1でも)の依存している、cider-nrepl が 0.2.6だからのようです。

  • $HOME/.lein/profiles.clj の :dependencies の tools.nrepl のバージョンを0.2.7以上にしてやる必要がある。
僕は、 0.2.10にしときました。 結果、僕の .lein/profiles.clj はこんなふうになってます。
{:user
 {:java-cmd "D:\\Java\\jdk1.7.0_79\\bin\\java.exe"
  :dependencies [[org.clojure/tools.nrepl "0.2.10"]]
  :plugins [[lein-localrepo "0.5.3"]
            [cider/cider-nrepl "0.9.0"]]
  :jvm-opts ["-Dline.separator=\"\n\""]}}

デバッガ

デバッガは最も要望の多い機能だったそうです。作者のMarabarbaさんのブログに簡単な説明があったのでちょっと使ってみた。 emacsのelispデバッガのedebugに触発されて作ったとのことですが、初版なので、ステップ実行と、値の注入(injection)ができるだけのようです。
動作については、Marabarbaさんのブログのgifアニメを見て、自分でやってみるのがいいでしょう。

僕も、使ってみるのに何か書こうと思って、久し振りにProject Eulerを解いてみた。
途中で、2,3回使ってみたけれど、なかなかよい。

依存の独立

ciderが依存しているライブラリが、プロジェクトから切り離されたとのこと。
これは僕にはよくわからなかった。なんのことでしょう?

コード補間の表示がリッチに

company-modeでのコード補間に、アノテーションが付きました。
たしかに付いてるんですが、windowsであるためか、全部左に寄ってしまって、ちと見にくい。


ほかにもまだまだ機能が追加されているようですが、いずれそのうち。




READ MORE

MSYS2 + emacs 24.5 で magit ができない件

Posted by TAKAIY On 2015年5月7日木曜日 0 コメント
emacs 24.5 の Windows 64bit 版 を見つけたのを機に、 MSYS から MSYS2 に変更してみました。

MSYS2 は git が使えて、パッケージマネージャの pacman も使えるので、移行する価値がありそうです。

だいたい上手く動いたのですが、magit を起動しようとすると、

magit-get-top-dir: d:/d/userdata/xxx/xxx/xxx/ isn't an existing directory

と言われてしまい、起動に失敗します。どう見ても、パスの取得がうまくいってませんね。
ググってみると、以下のページを見つけました。

https://github.com/magit/magit/issues/1318

cygwin でも同様のことが起るようですね。

中程にMSYSでの対応策が書いてあって、

(defun magit-expand-git-file-name--msys (args)
  "Handle Msys directory names such as /c/* by changing them to C:/*"
  (let ((filename (car args)))
        (when (string-match "^/\\([a-z]\\)/\\(.*\\)" filename)
          (setq filename (concat (match-string 1 filename) ":/"
                                 (match-string 2 filename))))
        (list filename)))
(advice-add 'magit-expand-git-file-name :filter-args #'magit-expand-git-file-name--msys)

とりあえず、これを、scratchで実行してみると、問題解決。

init.el に入れて使うことにしました。


READ MORE

kinesis advantage のリマップ

Posted by TAKAIY On 2015年4月12日日曜日 0 コメント
メインのキーボードとして、もう10年以上、kinesis advantageキーボードをDvorak配列で使っているわけですが、先の投稿で、Dvorak programmerという配列、と言っても、最上段の数字と記号を入れ替えたものなわけですが、これを試してみようと思って、キーボードのマッピングを改めて見てみたわけです。

出発点ということで、現状の配列のコメントを。 リマップ後の画像は前にも投稿してますが、まあ、コメント付きということで。

オリジナルのマッピング

advantage の dvorak のもともとの配列は、こんな感じです。


この配列には、大きな問題がありまして、

○ 左にスペースキーが無い

左にスペースキーがないのです。 UNIX系の作業をしていると、コマンドをコピペで作るときに、右手でポインティングデバイスを使って、スペースを挟みながら貼り付けていくことが多いのです。 そのとき、左にスペースキーが無いと困ります。

○ いいところに、変なキーがある。

まあ、キーボードとしては、普通なんでしょうが、「Aの左のCapsLock」と「Sの右のバックスラッシュ」はちょっとどうなんだろう。

リマップ

で、こんな風にリマップしてます。

○ 左親指

BackSpace と Del を一つずつ右にずらして、バックスペースのあったところをスペースにしてます。
Endキーは、潰されてしまっていますが、ふだん使わないので(Homeも使わない)どこにもアサインしてません。

○ 右親指

PageDown のところを、Ins にしてます。 ターミナルエミュレータで、Shift-Ins、 Ctrl-Ins、 Alt-Ins を使うので、Insが裏にあるのは面倒です。 PageDown/PageUp は使わないのでこれも潰したまま。
WinKey 使わないのと、Emacsで Alt を Meta として使っているので、WinKey を Ctrl に、 元の Ctrl を Alt にしてます。

○ 左

CapsLock は、Esc にリマップ。  Solaris系のサーバーを使うと、kshを使うことになるのですが、これ、emacsモードだと、入力補完がEsc-Escに割り当てられてます。 多用するので、ここをEscにしちゃってます。 最近は、kshはあまり使わないのですが、Emacsを使うときにも意外と便利だったりします。
qの下を、マクロでAlt+~ にしてます。 IMEの起動なのですが、最近は、SKKを使っているのでほとんど使いませんね。

○ 右

バックスラッシュとハイフン(ー)を入れ替えてます。 ハイフンは、日本語の長音とか、プログラミングでたくさんつかうので近くにあると便利です。


さて、現状こんな感じです。



READ MORE

Dvorak, QWERTY, COLEMAK で DvorakJPかつSKK

Posted by TAKAIY On 2015年3月22日日曜日 0 コメント
突然ですが、こんなサイトを見つけたので、試してみました。

日本語

まずは、日本語だったらどんな分布だろうと思ってタイプしてみました。
入力したのは、Wikipediaの「それから」の説明文を、DvorakJPでSKKを使って入力したものです。

SKKはシフトキーを多用しますが、カウントされてませんが、大文字のときのシフトは数に入れないのがこの測定ツールの仕様みたいです。

Dvorak

やっぱり、なんか、理想的ですよねー。


QWERTY

だいたいにおいて、入力をDvorakJPでやってるので、それをQWERTYにしたときの結果が不利になるのはわかりきってますが、いかにも、ホーム行の使用率は低いですね。
DvorakJPでは、か行にcを使うので、kの頻度はcの頻度になるはずです。


COLEMAK

Dvorakよりも優れていると言われるCOLEMAKですが、これだけ見ると、Dvorak配列の方が良さそうに見えますね。
COLEMAKに合った方式にしたらよりよくなるかもしれません。


Clojureのソースコード

こんどはclojureのソースでやってみます。
コードは、手元にあった適当なやつです。

DVORAK

dvorakです。括弧、角括弧を多様するので、シフトキーの使用率が高くなってますね。
たしかに、右上の方を使うことが多いと感じます。


DVORAK-PROGRAMER

プログラマ用のDVORAK配列ってのがあるようで、なんと、4段目の無シフトのところに各種記号がわりあてられています。数字の配列も独特です。 そう言えば、もともとのDvorak配列ってこんな感じじゃなかったかなぁ。
シフトの使用頻度が下った分、負担のバランスが平均化されてる感じです。 これ、試してみようかな。


QWERTY

まあ、こんな感じでしょうね。

COLEMAK

やっぱり、英語ベースだと、なかなかよさそうな配列なんですね。


おしまい

Dvorak Programerってなかなかよさそうですよね。 数字を別面に持って来てしまうという手もあるし、実現方法を含めて検討してみようかなぁ。



READ MORE

ClojureScript の REPLサーバー Weasel を試してみる。

Posted by TAKAIY On 2015年2月15日日曜日 0 コメント
今日は、Halake のイベントに参加して、ブラウザで動作している clojurescript 側でreplを実現するためのモジュールと思われる weasel をいじってみました。

なにしろ、ここってそういう記事が書きにくいので、markdown で gist に入れました。

もう少し追加する予定です。


気づくと、だいたい1年ぶりの記事になっちゃってますね。
READ MORE