Euler: Problem 106

Posted by YpsilonTAKAI On 2020年3月16日月曜日 0 コメント
これも 103:シリーズです。

12個の数列について、ルール2がすでに満たされている場合、条件を満たすためには、ルール1について何セットの組み合わせをチェクしなければならないかという問題。

ルール1は、どのサブセットを取っても合計が違うということですが、ルール2で要素数が大きい方が要素の合計が大きいことはわかっているので、確認しなげればならないのは、要素数が同じである場合だけ。
要素数が同じ2つの数列の和が等しいかどうか確認する必要があるのはどんなときか考えればよいということ。

「こういう選択をしたら同じになる可能性がある」か、「こういう選択をしたら片方が大きくなる」のどちらかの選択方法をみつければよい。
たとえば、1,2.3 と 10,11,12のぺあであれば、まあ、確実に後の方が大きいよね。ってなことを考えて、いくつか例を書いてみたんですが、思いついたのがこの方式。
左から1つずつ比べて全部片方が大きければ、それぞれの和も大きいでしょう。ということで、そろまま実装してみたら、正解が出たので、それで終了。


READ MORE

Euler: Problem 105

Posted by YpsilonTAKAI On 2020年3月14日土曜日 0 コメント
103のシリーズです。
これも去年の末に解いてますね。

沢山ある数列の中から、条件に合うやつを探す問題

(ルール1) 部分集合を全部作って、合計した値が同じものが無いかどうかチェック
(ルール2) 小さい方からと大きい方からできるだけ取るが、大きい方を1つ少なくした時に条件に合うかどうかチェック

ルール2の方はこれでいいかどうかちょっと不安だったけど、合ってたからよしとする。

READ MORE

Euler: Problem 104

Posted by YpsilonTAKAI On 0 コメント
これも去年の年末にやったやつです。

Fibonacci数列で、最初の9桁がPandigit(1-9を全て含む)で、最後の9桁もPandigitのものを探す問題。

Fibonacci数列を順に作って条件に合うかどうかチェックするだけですが、ちょっと工夫したと言えば、数字を文字列にするのってコストがかかるので、数字のまま取りだせる下9桁を先にチェックするようにしたところくらいでしょうか。

たいしたことやってないのに時間かかってます。


READ MORE

Euler: Problem 103

Posted by YpsilonTAKAI On 0 コメント
去年の末に解いたやつです。

条件に合う数列を新しく作る問題

これ、かなり悩んだ。 102を解いたあと、すぐに手を付けたんだけど、解きかたわからず/思いつかずで、放置している間に数年経ってしまった。
まあ<結局、初期の頃に思いついた、「全部やってみる」方式で解いてみることにして、実際やってみたら、時間はたいしてかからなかったという。

- 真ん中の数字を先頭にして新しい数列を作る
- 含まれる数を前後にいくつかずらした数列を全て生成
- 昇順になっていないものを除外

これで、候補を作って、条件に合うかどうかチェックというやりかた。

READ MORE

Euler: Problem 102

Posted by YpsilonTAKAI On 0 コメント
これも5年前に解いたやつだ。 思い出しながら書く。

内部に原点を含む三角形を判定する問題です。

外積を計算して同じ向きかどうかを判定しています。

READ MORE

HP 42s の箱 (不具合発見編)

Posted by YpsilonTAKAI On 2019年9月20日金曜日 0 コメント

HP 42s を入手しました


ヒューレットパッカード(HP)の 42s という関数電卓を入手しました。
とある場所の本棚の奥に、ほこりを被って放置されていたものを見つけました。そして、僕の手元にやってきました。

HP 42s というのは関数電卓

1988年発売のHPの関数電卓で、評価の高い 41シリーズ とか 15c などの後継として発売されたもので、名機と言ってもいいでしょう。 WikipediaのHP 42sのページ の受け売りです。

ちょっと変ったもの好きなので、HPが採用している(た?)RPN方式の関数電卓35sを普段使っているのですが、つねづね、16cとか41cvとか使ってみたいなーと思っていたのです。

なので、42sが手に入ったのは夢のようだったのです。

外観

手元のものは、このような感じ。


ほとんど使っていなかったようで使用感ゼロ。ケースもあります。 残念ながら取説がみあたりませんでした。どこかに隠れていないだろうか。本棚には多分なかった。引き出しかなぁ。 いずれ改めて探してみたい。

35sと比較

手元にある HP 35s と並べてみました。
42s を見つけたときは、「これは35sよりだいぶ小さいな」と思ったのですが、じっさいに35sと並べてみると、意外にもそれほど大きさが違いません。35sの方が少し厚味があるのでそのせいなのか、縁にある装飾のせいなのか。

こうして並べてみると、キーの基本的な物理配列はほとんど同じなのがわかります。十字キーが入らなければたぶんまったく同じにしたのではないでしょうか。

論理配列は、かなり異なりますね。 Algebla方式をサポートするためとか十字キーのためとか理由はあるんでしょう。



30b と比較

これも手元にある HP 30b と並べてみました。
30bは比較的最近まで売っていたものですが、こちらはキーの物理的な配列は一緒ですね。30bは金融電卓として売っているものなので、論理配列はかなり異なります。

ちなみに、この 30b は残念ながら WP 34S 化に失敗して文鎮になってしまっています。



30b に付いてきたケースは使わないのになかなかよいデザインのものなのです。 42sを入てみるとちょときつめではありますが、うまく入まmす。 42s のケースはかなりきつめだったので、使わないでとっておくことにして、30bのを使うことにします。


感触

HPの電卓の経験が多いわけではないので、どうこう言えるスキルがあるわけでは無いのですが、キーを押した感触は、35sに比べるとしっとりした感じがします。 キーが小振りだということもあるでしょうか。

液晶の表示は今の基準からすると見えにくいとう評価になると思います。大きさはともかく、もうすこしコントラストがあるといいですね。
35sの表示ははっきりくっきりです。




☆ 動かない ☆

電池を入れても動かない

みつけたときはかなりほこりをかぶっていたのですが、丁寧に掃除してみると、前掲の通りかなり良いコンディションでした。 「これは絶対動くでしょ!」ということで、即座にコンビニに走ってLR44を3つ調達。硬い電池蓋を外して電池を交換。で、スイッチ ON! ・・・
でも何も表示されない。おいおい。

これはだめかなーと、思いながらも、何度か ON ボタンをちょっと強めに押したり、軽くたたいてみたりするなどしてみると、「なんとかReset」という表示とともに、数字が現われました!

やった!
(今、思えばこれはラッキーだったと言えます。)

表示は現われたものの、数字を入力してみたり、役物キーを押してみたり、他には何をやっても表示は変わらず。 シフト + EXIT キーでの電源OFFすらできないという状況。

自己診断機能は動いたよ!

こういうときは、Weで情報収集です。

マニュアルを読むと、「計算機の動作確認(自己診断)」というすばらしい機があることがわかります。 これで動くのかどうかわかるはず。

マニュアルの通り、「LN」キーを押しながら「EXIT」キーを押す という操作をしてみると、ちゃんと診断がはじまります。しかも、全部問題無し。でも、LNキーをちょっと強めに押さないと診断が始まらない。

(今思えば、LNキーが最上段にあるキーだったのが幸いしたわけで。)

計算機本体の診断がOKなのに、計算ができないというのはどういうことでしょうか。

キーボードが壊れているということでしょうか。この部分の構造はいわゆる導電パッド方式なのでしょうからそのあたりが経年劣化でボロボロになっているということが考えられます。
だとすると、その部分のパーツを交換するとかしないとだめでしょうけど、こんな古い電卓のパーツなど入手できそうにありません。
実際どうなんだろうということで、キーボード交換とか修理とかで検索してみたところ、こんな動画をみつけました。

HP 42S Self test and Keyboard test

この動画では、
  • 自己診断の内容を1ステップ毎にEnterを押しながら実行している。
  • キーボードのテストをしている。
キーボードのテストというのがポイントです。マニュアルにある診断にはキーボードのテストはありません。起動方法は、画面が暗くてよく見えませんが、「LOG」キーを押しているように見えます。そういえば、取説には「LOGを押すと、工場で仕様している自己診断テストがスタートします」とあり、これがそれのようだと気づくわけです。

そのテストを実行するために、「Log」キーと「EXIT」を押すと、最初にバグったうな画面になります。

続けてEnterを押すと進むはず、、、押すと、、、なにも起きない。うんともすんとも言わなくなる。で、電池を外してリセット。諦めきれず、それを何回かやっていると、たまに、先にすすめることができたりする。
Enterをちょっと強く押す必要がありそう。やっぱりキーボードか。

なんとかキーボードチェックのところまでたどりついてみると、ここでは、動画にあるように1つずつ、左上から順にキーを押していくのですが、やはりほとんどのキーが反応しない。 何度かやってみると、最上段だけは強く押と反応することが判明。

やっぱりキーボードがだめになっているようです。だとすると、部品の交換が必要だろうなー。 ほぼ不可能だろうなー。補修できるような問題だといいんだけどなー。 などと思いながら、こんどは分解系の情報を再度収集してみることに。

ついに原因判明!

キーボード修理で検索してひっかかった動画にこんなのがありました。

HP 32sII のキーボード/LCD表示不具合修理動画

32sは42sの廉価版という位置付けの関数電卓で、同じPioneerというモデルの1つのようです。基盤部分はかなり異なりますけど、ケース周りなどその他の構造はまったく一緒です。

で、この動画、キーボードとLCDの修理の手順を解説していて、殻割りの方法から閉じかたまで丁寧に解説されていてものすごく参になるのですが、3分以降あたりで、キーボードの不具合原因の説明をしているんですよ。 これでしょう!

そういえば、これまでも検索で目にしていたサイトにも同じような情報がありました。 メモリチップを交換して容量増加とかHP 42sのディープな情報が盛り沢山なので無事に直せたらじっくり見せていただこうということで、あまりよく見ていなかったのですが、

Finetuneさんのページ HP 42sの情報ページ

よく見てみると

Finetuneさんのページ 32sIIのLCD修理

このページに同様のことが書いてありました。 このシリーズでは古くなるとよくある不具合だっていうことのようですね。

ということで、基板とLCDのコネクタの部分は、スポンジのようなもので圧迫して接続しているだけなのですが、そのスポンジの弾力がなくなっているのが原因ということ、その部分が全面からみて液晶表示部の下あたりということがわかります。

試しにそのあたりを押しながら操作してみると、なんと、まったく問題なく動くではないですか。うんともすんとも言わなかったのはなんだったんだという感じです。



そうしてみると、自己診断機能の起動ができたのも、LNキーとかLOGキーが最上段の液晶に近いところにあったからだったということがわかりますね。 運がよかったようですね。

この先

さて、不具合の原因はわかったので、時間を作って修理してみたいと思います。

幸い、お盆で時間がとれそうですしね。 仕事は休みじゃないけどね。

(この文章、お盆に書いていたのでこんな感じ)


今回はこのあたりで。



READ MORE

Planck ハードウェアシリーズ(キーキャップ)

Posted by YpsilonTAKAI On 2019年2月21日木曜日 0 コメント
気づくと久し振りの投稿です。
確かに去年の春くらいから怒涛の開発に参加しておりまして、ブログ更新とかに気が回らない状況が続いているわけです。
プロジェクトは現在も継続中なので、次も思いついたら更新ということになるでしょう。

Planckのキーキャップを買いました。

massdropではもう何も買わないだろうと思ってたのですが、つい、dropしてしまったのがこれです。

OLKBが作ったキャップ(https://www.massdrop.com/buy/68275)



買ったときに付けたキーキャップは寂しい白黒のものなので、こんなちょっとくすんだカラーのキャップがなかなかよさそうだったので誘惑に負けてしまった。 安かったし。

届きました

問題が発生して遅れたりすることもなく、例によって突然発送予定が来て、しばらくしてから家に届きました。


意外としっかりした箱に入ってトレーに収めた状態で届きました。 まとめて袋に入ってくるだろうと思っていたので、ちょっとびっくり。

色味は思ったよりはっきりしたもの。 だいたい写真の通りの色合い。
もうちょっとくすんだ感じがよかったかな。


PBTなので感触もなかなかよい。

プロファイルはOEMで、5列のPreonicにも対応するように、R1-R2-R3-R4-R4 のセットが入っています。

グレーの色は、写真で見るよりちょっと黒寄り。 もう少し白寄がよかった。


もとから付いていた黒のキャップとのセットアップの違いはこんな感じ


配色

あれこり挿して気に入る配色を考えてみたんですが、とりあえずはこんな面白くない感じになってます。




もうちょっと大胆な感じが欲しい気もする。

1列目をR2でなくてR1にしてみている。 ちょっと違和感がある。かな。


READ MORE